日本語学校の運営会社と、最近の問題は?

日本語学校を運営している会社は、当初は日本語教育を専門に行っている企業が大半でした。
学校法人や個人経営の日本語学校が多くありましたが、年々その形態が変化して来てます。

日本語学校について学ぶならこのサイトは外せないでしょう。

外国人に日本語を教えるだけでなく、日本語を教える日本語教師の養成も行う学校が多くなって来ました。
日本語教師養成講座の利益が、日本語学校の利益よりも多くなる傾向が強くなってます。

そのような状況のなか、少子化に苦しむ学習塾や予備校などの他業種の参入が多くなって来ました。
フランチャイズの学習塾などと同じように、地方の土木や建築会社や農業などの会社と提携した学校も地方に増えて来ています。
最近では、地方自治体が日本語学校を積極的に誘致するケースも多くなって来ました。それには、日本国内の地方の人手不足と、外国人実習生の拡大が大きく影響しています。



国内のアルバイトの斡旋的な要素が強くなり、人材派遣業のような意味合いが強くなって来たのです。


アルバイトがメインで、学校はそれに付随するようなものとして、外国からやって来る学生が多くなって来ています。


そのような問題から、法務省から日本語学校が守るべき新しい基準が設けられるようになりました。


学校に通っている学生の調査も行われ、違反した学校には罰則が設けられるようにもなってます。

これまで運営を行っていた会社も、きちんとした対応を迫られるようになりました。

学生管理や学生のアルバイトの管理など、厳しくチェックされるようになっています。